042-365-0611 お問い合わせフォーム

IEC61131-3の対応について

IEC61131とは

IEC61131は標準的なPLCを規定する規格です。(出典1を参照)
IEC61131は-1から-9までのPartに分かれており、IEC61131-3は言語に関する規定をしています。
IEC61131で規定されているプログラミング言語は
・ラダーダイヤグラム(LD)
・ファンクションブロックダイヤグラム(FBD)
・シーケンシャルファンクションチャート(SFC)
・インストラクションリスト(IL)
・ストラクチャードテキスト(ST)
があります。
詳細はオムロン株式会社 webサイトが判り易く解説しています。
(出典2を参照)

プログラム言語について

【プログラミング言語例】

IEC61131を導入するメリットは、PLCが変わった場合でもソースリスト互換で、移植可能である事です。またプログラムをモジュール毎に機能的に記述できる言語が規定されており、動作内容がソースリストから読み取りやすいメリットが有ります。
しかし現実的にはIEC61131-3準拠を詠っていても、各社のツール、命令が異なっているため、ソースコードの移植、PLCの入れ替えは、簡単ではありません。
その理由として、次の3点が上げられます

  • LD(Ladder Diagram)、IL(Instruction List)以外は、現場のPLCからソースコードを吸い上げる事は出来ません。
    ソースコードはダウンロードする時点でツールによってLD、ILに変換(コンパイル)している為、PLCにはソースコードが転送されていない事が原因です。現状では、記述したプログラムツールからPLCにダウンロードするのみで、現場のPLCからプログラムをアップロードしない前提で使用します。
  • 一部の命令で互換性が無い為、吸い上げたソースコード(LD,、IL)をそのまま他社PLCツールに移植する事が出来ません。また同じソースコードでも、展開後の動きが異なる事が有ります。
  • すべてのPLCベンダーがIEC61131に準拠している訳ではありません。むしろ準拠せず、セキュリティ性能を高めているPLCも有ります。
    『IEC61131準拠』と謳われていても、『完全互換』ではないため、注意が必要です。

弊社の対応

弊社では、IEC61131対応を求められた場合には、以下点に注意して作業を行います。

  • ソースコードは、新規作成が前提である。
  • ソースコードの修正作業が伴う場合、PLCの互換性、ツールの互換性を確認する。
  • ツールとソースコードは一元管理を行い、バイナリコード、ソースコードを一致させて作業する。
  • PLCからバイナリコードを吸い上げない。

また標準的なソースコードを以下の様なモジュールとして資産化し、活用しています。

  • 手動操作モジュール
  • 調節計モジュール
  • ANNモジュール
  • 積算モジュール
  • スケール変換モジュール

出典

PLCopen “IEC61131 standards”
http://www.plcopen.org/pages/tc1_standards/
オムロン株式会社 技術情報 『IEC 61131-3とは?』
http://www.fa.omron.co.jp/solution/sysmac/technology/programming/plcopen/

Copyright © 2017 TAHARA ELECTRIC CO., LTD. all right reserved

ページトップ